テクニカル分析の二つの系統


FXを行う場合には、外国為替市場の為替相場の予測が欠かせませんが、この為替レートの変動を予測するために用いられるのが「テクニカル分析」になります。

テクニカル分析は、過去の相場の数値やそのレート変動の動きなどを参考にし、直近の為替相場の動きを予測していくために用いられる分析手法になります。

このテクニカル分析には、その使用目的や用途によって様々なチャート図やテクニカル指標などが考案、利用されており、この様々な分析の手法を「トレンド系」と「テクニカル系」の二つの系統に分けています。

トレンド系は、為替相場の価格の動きの流れ、強さ、方向などを表すトレンドを予測していくもので、過去のトレンドの動きから、現在と未来のトレンドの方向や強さを見ていくことができます。

一方のオシレーター系では、為替相場に参加している投資家たちの売買心理を指数化し、その相場において通貨が買われすぎているのか、売られすぎているのか、などの判断を見ていくことができます。

トレンド系では、為替レートの変動を大まかな流れで追いかけていく事で、その先の方向性を読んでいくことができるために、レートの動きであるトレンドそのものの展開を分析していく事が可能であり、オシレーター系では、そのトレンドがいつから始まり、いつに転換期が来て、いつ終わって次のトレンドへと切り替わっていくのか、というポイントを捕まえることに適しています。

こうしたことから、この二つの系統のテクニカル分析を用いることで、為替相場の流れを的確にとらえていく事が可能なのです。